今治ではたらくということ

「今治タオル」というブランド。なにか巨大なブランド、巨大なメーカーが存在するかのようなイメージを持たれるかもしれませんが、実際にはタオル製造の各工程ごとに、小さな工場がいくつもいくつも存在し、産地ならではの工場同士の技術の組み合わせや協力によって成り立っています(自分にはそう感じています)。

球をきちんと投げる

正岡タオルが何を成し遂げたいのか、そもそもの始まりはどこにあるのか、どうコミュニケーションを始めるのか。 そういった一つひとつに向き合いながら、「TRUE TOWEL」を起点として「球をきちんと投げて」いきたいと考えています。